【3分で完全理解】『しつこい怒りが消えてなくなる本』を分かりやすく要約します。

スポンサーリンク
全記事一覧

あなたは怒りを感じたことがあるでしょうか?

過ぎてしまったずっと昔の出来事をムカムカしながら思い出して、

なかなか寝付けないことはありますか?

本書【しつこい怒りが消えてなくなる本】は、

『自分中心心理学』を提唱する心理カウンセラーの

【石原加受子(かずこ)】さんが書かれた、

僕たちが『怒り』とうまく付き合っていくための1冊です。

『自分中心心理学』とは、

「自分を愛し、自分を解放し、もっと楽に生きる」

ことを目指した心理学です。

この心理学では、自分の意志を示すことを

『自己主張』ではなく、

自分表現と呼んでいます。

そして、この『自分表現』が、

『怒り』と付き合うために必要なことのようです。

今回は、そんな怒りと付き合うための内容が書かれた本書を、

以下の3点に絞って、解説・要約していきます。

  1. 「自分中心」で生きる
  2. 「ストレス解消」では解決しない
  3. 争わずに自分の言いたいことを言う
スポンサーリンク

「自分中心」で生きる

『自分中心』で生きる。

ここでいう自分中心とは、

自分勝手に、わがままに生きる、ということではありません。

「自分を守ること」

「自分を愛すること」

「自分の感情を認めること」

「自分の意志を尊重すること」

こういった考えで生きることが、

『自分中心』で生きる、ということです。

しかし多くの人は、『他者中心』で生きています。

他者中心で生きる、というのは

相手の顔色を伺ったり、相手の動向を気にしたりして、

「相手のことで頭と心の中がいっぱいになってしまう」

生き方のことです。

著者は言います。

「自分中心で生きてこなかったから、今まで積み重なったしつこい怒りに悩まされている」と。

言い換えれば、

自分の感情と向き合い、大切にしていけば、この怒りから解放される

ということです。

今、自分中心で生きる生き方に変えないと、

これから先も、怒りの種を撒き続けることになります。

そうならないために、

「自分が我慢しないためには、自分が楽になるためには、自分はどうしたらいいか」

という自分の基準を持つことが必要です。

スポンサーリンク

「ストレス解消」では解決しない

多くの人が、『怒り』をコンロトールしようとします。

そのために、旅行したり、趣味に打ち込んだり、遊びに行ったりするでしょう。

しかし、

「ストレス解消は気分転換になるだけで、感情そのものから目を逸らした対処方法である」

と著者は言います。

つまり、人は怒りという感情をコントロールすることはできないのです。

このことは、怒りの感情を他者に相談することにも当てはまります。

誰かに相談すると、共感してもらい、気持ちがすごく楽になります。

しかし、それは薬を飲んでいるのと同じで、

一時的に症状を止めているだけに過ぎなく、

時間が経てばまた怒りはふつふつと沸いてきます。

そしてまた相談するのですが、相談相手も次第に聞き飽きてきて、

「そんな人どこにだっているよ」

「そろそろ忘れたほうがいいんじゃない?」

など、投げやりなアドバイスをされるようになり、

「この人は私のことを分かってくれない」

と自分が落ち込みまた苦しい思いをするのです。

いわば、自滅している状態になっていると言えるでしょう。

だから、

「気分転換を図ったり、他者に相談しても意味がない」

と著者は言います。

本来、

「怒り解消しなければならない」ものなのです。

では、そのためにどうしたらいいかというと、

「自分の欲求を認めて、実際に言葉にする」

ということを行うのがよいそうです。

例えば、あなたがどうしても急がないといけない時に、

エスカレーターに乗っているとしましょう。

あなたの目の前には、2人組みで、道を塞ぐように立っている人がいます。

「くっそー、早く行きたいのにー!邪魔邪魔〜!」

とイライラするのが想像できるでしょう。

このイライラは、相手に意識がいっている状態です。

他者の行動に焦点を当てた、「他者中心」の考え方になっているのです。

そんな時は一言、

「すみません。急ぎますので、先に通らせていただけませんか?」

と、冷静に自分の欲求を言葉にしてしまえばいいのです。

偉そうにしたり、怒りの態度を見せる必要はありません。

ただただ、柔和に、冷静に言葉に出すのです。

そうすると、言われた人も悪く思うことはありません。

「いやいや、そうやって言葉にするのが難しいんだよ!」

と嘆く方もいらっしゃると思います。

しかしこれは、

「他者中心」で生きてきたあなたへの訓練のようなものです。

ここであなたが言葉にするのをためらったら、今までの行動を繰り返すだけでしょう。

そして、

「ちょっと聞いて〜。今日さ、急ぎの用事あってエスカレーター上がってたら、前に2人組みの人が道塞いでてん!後ろから誰か歩いてきてたら、道譲るのが当たり前じゃない?」

と友人に愚痴をこぼして、怒りの種を撒いてしまうのです。

そうならないためにも、今この瞬間から、

『自分中心』の生き方をして、

「自分の欲求を認めて、言葉にする」のです。

そして、その場で自分の感情(怒り)を解消するのです。

スポンサーリンク

争わずに自分の言いたいことを言う

人間は関係性の中で生きています。

怒りの感情は、この関係性の中で生まれるのです。

その中でも、『争い』という関係性は、怒りを生む最も厄介なものです。

争いの関係は、どうして起きてしまうのでしょうか。

「どちらかが敵意を持ち、相手に敵意を向けた瞬間、争いの関係性が始まる」

と著者は言います。

しかし、その争いの関係性を終わらせる方法があります。

それは、「自分表現の基本公式」といわれるもので、

『感情の言語化+意志』

を伝えて、自己完結させることです。

例えば、あなたが会議のプレゼンに失敗したとしましょう。

自分なりに失敗を分析していますが、やはり落ち込んだ気分です。

そんな時、同僚に嫌味を言われたとします。

「あーあ、やっぱり失敗したな。だから言ったやろ?もっと俺の忠告を聞いてたら、上手くできたのに!」

落ち込んでいる時にそんなことを言われたら、

「ほんまやなぁ〜。もっと聞いとけば良かったわ〜」

と作り笑いを浮かべるでしょうか。

「もう終わったことやから、ほっといてよ!」

と喧嘩腰になるでしょうか。

正解はこのように言うことです。

「ごめん、落ち込んでて誰とも話す気持ちになれないから、今は失礼するね」

いかがでしょうか?

自分の「落ち込んでいる」という感情を認めた上で、

「失礼するね」と自分の意志をしっかり言葉にできています。

これは、

「自分の感情にマイナスになりそうな会話を切り上げて、自分自身を守っている」

ということなのです。

夫婦、恋人、友人、同僚、上司、親子など、

様々な関係がある中で、争いの関係になり(小さな喧嘩やいざこざ等も含めて)、

文句や嫌味を言われることもあるでしょう。

そんなときは、

「申し訳ないけど、今は話できる状態じゃないから、今度にしてもらってもいいかな?落ち着いたら、絶対に向き合って話するから」

と、自分の感情や意志を必ず伝え、自分を守るようにしましょう。

しかし、これは良好な関係を築きたい相手に限ります。

そうでない相手(嫌いな人)に文句を言われた時は、

1秒でも早く、「相手との関わりを切るため」の言葉選びをしましょう。

先ほどと同じ場合だと、

「すみません。今は落ち込んでいて話できる状態ではないので、失礼します」

たったこれだけでいいのです。

スポンサーリンク

感想

ここまで読んでくださってありがとうございます。

しつこい怒りを解消するためには、

「気分転換やストレス解消では意味がない」

というのは、僕にとって、とても大きな発見でした。

何事も、原因となるものを取り除かねばなりません。

その方法とは、

「自分を愛すること」

それは、「自分の感情に気付いて、認めて、表現すること」

と言えるかもしれません。

怒りというのはその場で解消してあげないと、

今後もすくすくと成長してしまいます。

これまで、「他者中心」で生きてきた僕たちには、難しいことかもしれません。

でも、これからの残りの人生。

あなたは怒りの種を撒き散らせ続けますか?

誰かに相談して、ほんの一瞬だけ気を紛らわせて、楽になったような気分を感じて、

自分の感情に蓋をして生きていきますか?

勇気を出してください。

勇気を出して、『自分中心』へ、自分を愛す方向に舵を切ってください。

僕は、自分に言い聞かせることにします。

「今この瞬間から、『自分中心』で生きるのだ」と。

ありがとうございます。

つばさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました