【3分で完全理解】『LIFE SPAN〜老いなき世界〜』を分かりやすく要約します。

スポンサーリンク
全記事一覧

「老化は全ての人が疾患する病気です。治すことができます」

あなたはこれを聞いて、どう思いますか?

「えっ?老化って人間全員が時間とともに体験する逃れられない現象であって、病気ではないんじゃないの?」

と思った方も多いはずです。

もちろん、僕もその一人です。笑

本書では、

「老化はまぎれもない病気であり、病気だからこそ治すことができる!」

という医学に基づいた衝撃的な内容になっています。

それでは、早速解説に移ります!

スポンサーリンク

老化とは?

『老化』とは、歳を重ねるにつれ、体力や免疫力が衰え、

身体が弱ってしまう症状のことをいいます。

その老化が、様々な病気の原因になるのです。

では、「老化」するとは、いったいどのような状態なのでしょうか?

結論だけ述べます。

老化するというのは、

「正しい細胞のデータをきちんと読み込めなくなった」

という状態のことを指します。

分かりやすく説明するために、

『傷のついたCD』を想像してみてください。

CDに傷がついていると、音が飛んだり、綺麗に再生できませんよね。

それは、

「CDに傷がついているので、うまく再生することができなくなった」

ということです。s

「CDの元データが時間が経つにつれ変化した」

からではありません。

あくまで、

「CDの外面に傷がつくことによって、正しい元データを読み取れなくなった」

ということです。

つまり、そのCDから綺麗な音源を再生するためには、

「CDの傷を直してやればいい」

ということになります。

これが人の身体の現象、『老化』に当てはまるのです。

人のDNAというのは、時間が経っても変化することはありません。

あなたのDNAは、生まれた時から一生そのままです。

ではなぜ肌がたるんだり、体力が衰えたりするかというと、

先ほどの傷のついたCDと同じように、

DNAデータの『読み取り』に不具合が発生することにより、

エラーが出てしまい、それが誤った形で再生されてしまうからです。

では、元のDNAデータを正しく再生するためにはどうしたらいいでしょうか。

それは、傷ついてしまった部分を正確に修復すればいいのです。

「いやいや!修復って言っても、どうやって直したらいいんだよー!」

とお嘆きのあなた。笑

安心してください!

実は細胞には、自然と修復してくれる力が備わっているのです。

ただし、その修復機能を働かせ過ぎてしまっていたり、

逆に全く働かせていなくて、うまく利用できてないだけなのです。

スポンサーリンク

ズバリ!どうしたらいいの?

ここまでダラダラと老化について解説しましたが、

「それで結局どうしたらいいの?」

ということが気になりますよね!

ズバリ、結論だけお伝えします。

老化を治す最も効果的な手段は、

「身体に適度なストレスを与える」

ということです。

身体に適度なストレスを与えれば、修復機能がうまく働く、ということなんです。

具体的に説明しましょう!

しなければならないのは、以下の4つです。

  1. 「食べる量と回数」を減らす
  2. 「動物性タンパク質」を控える
  3. 「適度な運動」をする
  4. 「暑さと寒さ」に身体をさらす

「食べる量と回数」を減らす

現代人は明らかに栄養過多状態になっています。

本書では、

「食事は1日1食、多くても1日2食までにしよう」

ということが書かれています。

『空腹こそ最強のクスリ』でご紹介しましたが、

1日のうち16時間断食や、

週末だけ、週に1度だけの断食をすることが、

体に適度なストレスを与えることになります。

『空腹こそ最強のクスリ』の解説はこちら。

↓ ↓ ↓

「動物性タンパク質」を控える

「動物性タンパク質」とは、

普段我々が口にするもので説明すると、

牛、豚、鶏、魚、乳製品、卵のことです。

この動物性タンパク質を摂取すると、エネルギーが強過ぎて、

修復機能をうまく働かすことができません。

だから、動物性タンパク質ではなく、

「大豆や豆腐といった、植物性タンパク質」

を多く摂取しなさい、ということです。

でもね、動物性タンパク質が含まれるものって、すごく美味しいんです!

唐揚げハンターである僕も、これにはガックリと肩を落としました。笑

「老化を治し、健康的に生きるためには、唐揚げハンターを卒業せねばならぬのか・・・」

かなり辛いですが、これが現実です。笑

でも、我慢してそれが過度なストレスになってはいけないので(笑)、

「あくまで控えるのであって、完全に絶つことはしない!」

と決めました。笑

「適度な運動」をする

適度な運動というのは、比較的軽めの運動で構いません。

1日10分くらい歩いたり、ランニングをしたり

その程度で大丈夫です!

運動をし過ぎる人もいますが、

それではDNAを損傷させてしまい、老化を防ぐことができません。

これを言うと、スポーツ選手が全員ダメということになってしまいますが・・・。

それでも、事実は事実です。

修復機能をうまく高め、老化しないためには、

適度な軽い運動をすることが必要です。

「暑さ寒さ」に身体をさらす

ずっと冷暖房の効いた部屋にいるんじゃなくて、

「夏は暑さを感じ、冬は寒さを感じ、自然温度を体感しなさい!」

ということです。笑

そうすることで、僕たちの体に適度なストレスを与えることになります。

まだまだ検証が必要ですが、

サウナは暑さ寒さを体感するのにもってこいらしいです。

はい!

以上の4つです。

やや横暴な説明になりましたが(笑)、

適度なストレスを与え、体の修復機能を高め、老化を防ごうじゃありませんか!

スポンサーリンク

感想

ここまで読んでくださってありがとうございます。

「老化は病気であり、治すことができる」

これを聞いた時、僕はかなり驚きでした。

そして、本書が主張するように、

「お金がかからないとても簡単な方法で、老化を治す行動ができる!」

という事実は、老化に怯える全ての人類にとって、

素晴らしい話であることは間違いなしですね!

う〜ん。

とは言っても、僕には1点だけ気掛かりが・・・。

上記でも説明したように、「動物性タンパク質を控える」こと。

唐揚げ、唐揚げ、唐揚げ〜!!!笑

「他の食事は一切できなくなってもいい。でも唐揚げだけは絶対に食べたい!」

と切実に想う僕でした。笑

ここまで読み進めていただいたあなた。

老化を治すために必要なことをお伝えしましたが、

それが過度なストレスにならないように

適度に自分を甘やかしながら(笑)

取り入れられることは取り入れてみてくださいね。

ありがとうございます。

つばさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました