【3分で完全理解】『「空腹」こそ最強のクスリ』を分かりやすく要約します。

スポンサーリンク
本要約

「空腹」こそ最強のクスリ

なんだか、ものものしいタイトルですよね。笑

「1日3食しっかり食べなさい!」

「朝食は抜いたらダメ!」

と教わってきた僕たち。

一体、何が正しいのでしょうか?

食に関して、何を理解して、どう行動すればいいのでしょうか。

そこで今回は本書を通して、

「・・・で、結局どうしたらいいの?」

という声に答えていきたいと思います!

本書の内容に関連した『1日3食はやめなさい』はこちら

↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

結論

『1日16時間の断食をしよう!』

以上。おわり!

・・・と言いたいところなんですが、

あまりにも短すぎるので、簡単に解説します。笑

スポンサーリンク

解説

高度経済成長以降の現代人は、

明らかに

栄養過多

になっています。

簡単に言うと

食べ過ぎ

ということですね。

とても恵まれていて幸せなことなんですが、

この栄養過多状態が、どうやら体に害を及ぼすようです。

ここで話は変わって、

人の体の作用として

オートファジー(自食作用)

というものがあります。

オートファジー(自食作用)とは

『オートファジー』とは、

古くなった細胞から新しい細胞を作り出す作用

のことです。

つまり、

細胞を再利用するわけです。

オードファジーが作用すると、不要な細胞を再利用することによって

病気や老化を防ぐ効果が発現します!

だからタイトルが、

最強のクスリ

なんですね。

では、どうすればオードファジーが作用するのでしょうか?

著書いわく、

ある程度の飢餓状態になったとき、

オートファジーが作用するというのです。

それが

16時間以上の断食

ということなんです!

オートファジーの効果

さて、いよいよ

終わりに近づいてきました・・・。

( ↑ 早すぎ!笑)

オートファジーが作用すると、

栄養過多状態がリセットされます。

その結果、

・病気に強い体になる

・老化を食い止める

・ハッピーになる(?)

以上の効果があります。

スポンサーリンク

で、結局どうしたらいいの?

また結論に戻ってきました。笑

再度結論を申し上げると、

『1日16時間の断食』

をしてください。

16時間の断食

というとかなりハードルが高く感じられます。

しかし!!!

著書では、睡眠時間をうまく挟むことによって

16時間を達成しよう!という、

神のような提案がなされます。笑

寝る前4時間+睡眠時間8時間+起床後4時間=16時間

↑ で、

16時間の空腹時間を作ることができます。

例えば、

夕食を20時までに食べ終える。

8時間寝る

次の日の12時に昼食を食べる。

これで、16時間確保できます。

めっちゃ簡単でしょう?笑

え?

朝ごはん食べないとダメって教えてもらったって?

大丈夫!

朝ごはんを食べないほうが、

逆に脳がしっかり回転しますよ!

ちなみに著者いわく、

朝8時に朝食

16時に夕食

次の日の朝8時に朝食

というリズムが、体にとっては理想らしいです。

しかし、仕事をされている方は、

その時間に夕食をいただくのは難しい時間帯ですし

夕食抜きというのは

実に寂しい・・・。

「健康のために僕たちの楽しみな夕食を犠牲にしなさい!」

とは言わない優しい著者。笑

夕食というのは、

家族や友人、会社の同僚などとの

『大切なコミュニケーションの時間

でもあるので

無理して生活リズムは変えなくてもいいよ!」

とのことです。

スポンサーリンク

結論が辛いあなたへ

そうはいっても、、、

睡眠時間を挟んだとしても、16時間何も食べないのはキツイよ!

って言うそこのあなた。

気持ちはすごくわかります!笑

そのような方に、救済措置があります。笑

それは、

  • ナッツ類
  • 生野菜
  • チーズ
  • ヨーグルト

などは、断食時間でも食べて大丈夫です!

朝はヨーグルトなんかで軽く済ましても良さそうですね。

それから、

できれば毎日16時間の断食が理想ですが、

週に1日だけ

週末だけ

だったとしても、

体のリセット効果はあります!

スポンサーリンク

注意事項

人の体には、合う合わないがあります。

まして

1日3食が当たり前のように育った我々は、

抵抗もあるはずです。

大切なのは、無理をしないこと。

食事を減らすことによって、

気分が悪くなる方もいらっしゃるようです。

そのような方は、

空腹を時間を作ることが大事

だったとしても、

しないほうが無難だと思います

全ての人に完璧に合う健康法というものは存在しないので、

ご自身で試してみて、判断してください。

それから、

仕事で体をガンガン動かす

スポーツ選手

などは、しっかり食べた方がいいです!

あくまで、

運動不足や軽い運動しかしない現代人向けの話

だと思ってください。

スポンサーリンク

本書を試した結果・・・

ここまで読んでくださってありがとうございます。

すぐ影響されやすい僕は、

早速16時間断食を始めました。笑

その結果!

なんと!!

遂に!!!

・・・・・・・・・・。

特に何も変わったことはありません。

( ↑ ないんかい!笑)

もともと痩せ型なので体重が減ったとかありませんし、

これといって目に見えて変化はありません。

ぐぅ〜。

と、お腹が鳴ることもありますが、

「今オートファジーがきてる!体が生まれ変わってる!」

という超変態的ポジティブ思考で、

簡単に空腹を乗り越えられます。笑

スポンサーリンク

最後に

3度の飯より

朝昼晩ご飯が好き!(?)だから

「食事制限なんて嫌だ!好きな時に好きなものを食べるんじゃ〜い!!!」

というあなた。

もちろん、それでもあなたの人生は幸福です。

この恵まれた時代の幸せを

積極的に享受しましょう!

ただ、

一度自分自身を振り返ってみて

「健康なまま年を重ねていきたいのだ!」

と思ったあなたは、

週に1日だけでもいいので

ぜひ試してみてください!

僕と一緒に空腹ライフを送りましょう!笑

ありがとうございます。

つばさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました