【3分で完全理解】『普通はつらいよ〜おもしろくて、楽しくてすずやかに生きるコツ〜』を分かりやすく要約します。

スポンサーリンク
全記事一覧

あなたは、実業家の斎藤一人さんをご存知でしょうか?

斎藤一人さんは、

健康食品会社『銀座まるかん』の創設者で、

1993年から12年間全国高額納税者番付の10位以内に毎年ランクインし、

1997年、2003年は長者番付の第1位になっています。

そんな斎藤一人さんは、

金銭哲学や人生観を説いた著書をたくさん出版されています。

斎藤一人さんについて

↓ ↓ ↓

今回は、数ある著書の中から、

『普通はつらいよ〜おもしろくて、楽しくてすずやかに生きるコツ〜』

を要約していきます。

なんだかおもしろそうなタイトルですね!笑

普通はつらい』というのは、

果たしてどういう意味なのでしょうか?

僕たちにどんなメッセージを伝えてくれるのでしょうか。

以下の3点にまとめて、解説していきます。

  1. 許せない人を許すには
  2. 普通はつらいよ
  3. 考え方のフィルムを替える
スポンサーリンク

許せない人を許すには

僕たち人間には、心と体があります。

肩が凝ってしんどくなるように、

僕たちの心も、放っておくと硬く小さく凝り固まってしまいます。

そして、硬くなって、

もうこれ以上固まれないくらいになると心は死んでしまいます。

自殺は、限界まで心が凝り固まった結果です。

そんな心をほぐす方法があります。

それは、相手を許すこと

生きていればいろいろ嫌なことがありますが、

相手のことを「許します」と言ってみましょう。

相手のことを許してみましょう。

そしてここからが1番重要なことです。

「相手を許すって言ったって、そんな簡単に許せるものじゃないよ・・・」

というそこのあなた。

人間ですから、許そうと思っても

それでも、どうしても許せない相手はいます。

そんな時は、相手を許せない自分を許すのです。

「あの人は許せないけど、自分だけは許します」

と言えばいいのです。

しかし、実はこれがなかなか難しい。

ほとんどの人が自分のことを許せないのです。

勇気を出して、「自分を許します」と言ってみましょう。

誰のことを許せなくても、自分のことだけは許してあげましょう。

許せない自分を許してあげましょう。

僕は、

「あいつもこいつも許せないけど、そんな不完全な自分を許す」

ようにしています(笑)

スポンサーリンク

普通はつらいよ

この世の中で最高の修行は、夫婦関係です。

人生で一番相性の悪い人同士が出会うと、

結婚するようになっています。

しかし、実はもっと大きな修行があります。

それは、親兄弟、親戚などの身内・親子関係です。

だから、親子というのは

本来分かり合えないようにできている」のです。

僕たちの修行のために、わざと理解し合えない複雑な人間関係になっているのです。

はい。

上記の通り、

親子関係や夫婦関係は、一筋縄でいかないのが普通です。

「自分の親はここがおかしい、本当に腹が立つ。」

「自分の夫が、自分の妻が、なかなか分かってくれない。」

こう思うのが、普通の考え方です。

世間の普通です。

でも、こうして誰かの文句ばかり言っている状態って、

とてもしんどくないですか?

ずっと誰かの不満を言っておかないといけないなんて、

とても悲しくないですか?

とても辛くないですか?

そう、「普通というのは辛いこと」なのです。

だから、普通のことばかり言って辛さを感じるようであれば、

普通であってはいけないんです。

僕たちは、「普通のこと」ばっかり言っていたらダメなんです。

では、普通にならないためにはどうすればいいか。

それは、感謝することです。

今のこの状態を、受け入れることです。

しんどい時に文句を言う、

理解してくれない人には腹を立てる。

こんな普通なことをしているから、いつまでもつらいのです。

嫌な相手のことを許し、

相手を許せない自分を許し、

この世のあらゆることに感謝をして、

許して許して許しまくる。

それでも許せない自分を許してあげる。

全て許すことから始まります。

そうやって普通から脱却していくのです。

スポンサーリンク

考え方のフィルムを替える

「私は不幸が続くのです」

と言う人がいます。

そのような人の考え方のフィルムには、

「自分は不幸だ」という傷がついています。

その傷ついたフィルムが、

そのまま現実になって目の前に映し出されます。

そして、「傷を負った現実」を見た自分は、

より一層自分のフィルムを傷を付け、どんどん傷が大きくなっていく

という悪循環に陥ります。

この世の中、季節が移り変わるように、

「絶対こうだ」というものはありません。

でも不幸な人は、

絶対的に不幸なフィルムを入れてしまっています。

それは、「小さな頃から経験してきた、『考え方』」という傷です。

この考え方を変えなければ、行動を変えてもうまくいきません。

フィルムに傷がついている人が行動したところで、

不幸な現象しか起こしません。

まずは考え方のフィルムを入れ替えましょう。

そのためにはどうしたらいいかというと、

自分の言葉を変えて、天国言葉を使うようにするのです。

天国言葉とは、

  • 愛してます
  • ついてる
  • うれしい
  • 楽しい
  • 感謝してます
  • しあわせ
  • ありがとう
  • ゆるします

という8つの言葉です。

天国言葉を使っていると、自然と心が変わっていきます。

それから、

人からありがとうと言ってもらえる行動をすること。

天国言葉を使い、人にありがとう、感謝してますと伝えられるようになったら、

今度は、周囲からありがとうと言われる生き方をしないといけません

そうやって、他人に喜んでもらえる生き方をすれば、

自分の考え方のフィルムはすっかり入れ替わっていることでしょう。

スポンサーリンク

感想

ここまで読んでくださってありがとうございます。

「普通はつらいよ」

いかがでしたか?

本書は特に、手に取って読んだ方が心に沁み渡りやすい本です。

斎藤一人さんの著書は、

文体が柔らかく読みやすい本ばかりなので、

ぜひどれか1冊手に取って、読んでみてくださいね。

ありがとうございます。

つばさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました